2015年の最強馬やその候補が他の年に比べ多く、その評価も未だ定まりません。古馬ではゴールドシップが大将格として鎮座しています。年々気性難が激しくなり、年を取って丸くなるということはありません。そんな気性難だからか、天皇賞春ではなかなか活躍できず、過去2回はフェノーメノの前に苦汁をなめさせられていました。フェノーメノが引退し、他にもジャスタウェイ、ジェンティルドンナなどここ最近の最強馬と言われる馬たちもターフを去るなど、今年の天皇賞春は勝って強さを改めて証明しなければなりませんでした。2015年の天皇賞春は、ゴールドシップが最強馬として、近年にはない個性的な馬として改めて存在感を示したレースです。ゴールドシップは、追い込みが不発に終わることが多いため、前目でのレースが多かったですが、持ち味が発揮されないことも少なくありませんでした。そこで、鞍上の横山典弘騎手は、思い切って最後方でレースすることを選択し、気持ちよく走ってもらうことに専念しました。坂の手前からスパートを開始し、坂を駆け下り、直線を向いた時には3,4番手辺りに来ていました。そこからまたスパートをかけ、前を交わすと追ってくるフェイムゲームをクビ差退け優勝しました。ゴールドシップの伝説に新たな1ページが記されました。その後の宝塚記念での大出遅れもまた、いかにもゴールドシップらしいということで良くも悪くもらしさを見せるこの馬が今のところは最強馬といえます。

2015年に活躍した未来の最強馬はドゥラメンテです。残念ながら骨折をしてしまい、三冠達成は叶わぬ夢になりましたが、皐月賞での驚異的な追い込み、そしてダービーでの影をも踏ませぬ圧巻の勝利は、もし順調だったら三冠馬になっていたのではないかと例え話をしたくなるほどの強さでした。特に皐月賞では、昔の降着基準だったらアウトだったかもしれないくらい、ジョッキーのムチに反応し、一気に外側へ斜行し、かなりのロスがあったものの、そこからの伸びは近年の皐月賞には見られない光景でした。来年、再来年と最強馬として日本、いや世界で活躍する馬になるでしょう。牝馬クラシックはいまだ混戦が続き、どの馬が強いのかいまだ決着がつきません。2015年世代の最強馬は2016年や2017年にならないとわからないでしょう。牡馬牝馬ともかく、3歳世代の評価はまだまだ固まっておらず、来年の成長力に大いに期待したいところです。