2012年は、最強馬の候補と言える馬が何頭も登場しました。
まさにこの年は、ハイレベルな1年だったと言えますし、競走馬全体のレベルも非常に高かったです。
まず何と言っても、オルフェーヴルは欠かすことができないでしょう。
2011年にクラシック三冠を達成し、2012年も大きな期待を受けました。
ところが、阪神大賞典ではまさかの逸走で2着、天皇賞春は惨敗を喫してしまいました。
それでも、宝塚記念を快勝し、そして凱旋門賞では非常に惜しい2着という結果を残し、多くの人の印象に残ったことでしょう。
次に、この年の牝馬クラシックの三冠を達成したジェンティルドンナも、最強馬の1頭と言ってもいいでしょう。
三冠を達成したことも凄いですが、何よりジャパンカップではオルフェーヴルにも勝利をしたので、これで一気にこの馬の強さが際立ちました。
ジェンティルドンナは、2012年の年代代表馬にも選ばれたので、まさにこの馬こそがこの年の最強馬と言ってもいいかもしれません。
3歳牡馬に関しても、ゴールドシップという強い馬が登場しました。
皐月賞と菊花賞を制し、そして有馬記念でも牡馬相手に快勝したことから、オルフェーヴルやジェンティルドンナに負けないほどの強い印象を残しました。
もっとも、ゴールドシップ自体はクラシックの最有力候補というわけではなく、レースを勝つたびに注目を集めていった馬なのです。
さて、中距離馬たちだけでなく、スプリント界にもロードカナロアという非常に強い馬が登場しました。
2012年のスプリンターズステークスを制し、日本馬として初めて香港スプリントにも勝利したので、まさに短距離の最強馬と言える存在となりました。
さて、この中から最強馬を1頭選ぶとなれば、正直かなり悩んでしまいます。
先ほども言いましたが、2012年の年度代表馬に選ばれたのはジェンティルドンナですが、オルフェーヴルの活躍も本当に素晴らしいですし、ゴールドシップのパフォーマンスも際立つものがあります。
残念だったのは、この3頭が一緒にレースをすることがなかったので、それも最強馬を決めるのが難しい大きな要因となっています。
また、ロードカナロアは短距離レースで走っているので、他の3頭と比べることもできないわけです。
もっとも、逆に言えばこれだけ最強馬の候補がたくさんいるということは、本当に2012年は競走馬のレベルがとても高かったわけですし、それだけ面白いレースや魅力あるレースを楽しめたわけです。